CPAAI

CPAAIとは、CPA Associates International(国際的な公認会計士の連合)の略称であり、60年以上の歴史を持った世界の60ヶ国以上(150事務所)のネットワークです。
KOMIYAMA & Co.グループは、2001年にCPAAIに加盟し、現在日本における唯一のメンバーファームです。当グループ総括代表の小見山満は、CPAAIのアジア・オセアニア地区の元会長としてCPAAIの加盟に参画し、アジアのみならず世界の会計事務所と連携しております。

https://www.mgiworld.com/find-a-member/

CPAAI

2. CPAAIのメンバー資格と安心度

CPAAIのメンバーには誰でもなれるわけではありません。CPAAIのメンバーになるためには、膨大な書類の審査を経て、役員が現地事務所へ訪問し100を超える項目の調査を行い、その結果を役員会で審議して最終面接を経て承認されます。

例えば現地調査では、監査・会計・税務等を含む専門分野の経験の深さ、事務所自体の品質の状況(調書や書類の保管状況、手続書、レビューやチェック体制、教育プログラム)、スタッフの専門性のレベル、更には過去の事件の有無と現在の保険の加入度合いなどをチェックします。

CPAAIに加盟している会計事務所は、各国・地域でリーダーシップを発揮している中堅事務所です。従って、KOMIYAMA & Co.グループが入手する情報やご紹介できる会計事務所は「信頼性」が高く、安心して利用していただけるものと確信しております。

3. CPAAIの連携の強さ

CPAAIのメンバーは、年に1回、それぞれの地域で約1週間の国際会議に参加して、各国の専門情報の交換と、新しい知識の共有を行っております。また、それ以外に年に一度世界会議が開催され、地域ごとの発表会を含め、相互研鑽をしつつ専門性を高め、連携を深めております。

4. CPAAIのネットワークの強み

会計・監査や税務は、各国の歴史や習慣が考慮されており、日本から進出した企業にとってはすぐに理解できず親しめない場合が多いようです。CPAAIのメンバーファームは、会社設立から日々の会社に関連する諸問題についてもご相談に乗れるサービスの提供をしております。

5. CPAAIのメンバーファーム

詳細なメンバーファームの概要に関してはCPAAIのホームページをご参照ください。

CPAAIのホームページはこちら
上記地図からも各国にいるCPAAIのメンバーファームに関する情報をご参照いただけます。