株式公開支援(IPO)

株式公開支援(IPO)とは

株式公開(IPO=Initial Public Offering)とは自社の株式を証券取引所に新規上場させることをいいます。この株式公開により市場から多額の資金を得ることができるため、その資金を元手に事業を一段と飛躍させることが可能となります。また、知名度の向上や優秀な人材の確保ができる等、株式公開によって沢山のメリットを享受できるようになります。
しかし、株式公開を行うためには時間をかけて準備する必要があり、株式公開後も内部統制の管理・維持にはコストがかかります。また適時開示の負担は重く、会社によっては他の資金調達方法の方が適している場合がございます。

サービス内容

KOMIYAMA & Co.グループでは貴社の現在置かれている状況、将来の展望等を考慮した上で、株式公開が貴社に適しているか否か、実施した際のメリットデメリット等をご説明させて頂きます。また株式公開を目指すことが決まった場合には株式公開に向けた準備から公開後の安定した経営管理活動の維持までの包括的で長期的なサービスを実施しております。

(1)円滑なスケジューリングの作成

株式公開に向けたロードマップを作成し全体のスケジュール管理を明確にいたします。

(2)資本政策(株価算定含む)

上場後の円滑な資金調達と経営権の安定保持(安定株主構成)は株式公開における最も重要な部分です。KOMIYAMA & Co.グループではファイナンス、法律(会社法等)の両面から、適正な株価の算定と株主構成構築を経験豊富な専門スタッフによりサポートいたします。

(3)内部統制構築支援

上場後は適切な内部統制の整備運用が必須となります。KOMIYAMA & Co.グループでは経験豊富なスタッフが内部統制の構築をサポートいたします。詳細は“内部統制構築支援”のサイトをご参照ください。

(4)社内諸規定作成支援

徹底した社内関係者へのヒアリングを通して、上場企業として過不足の無い規定作りをサポートいたします。

(5)事業計画作成支援

円滑な資金調達を可能にするためには、説得力のある事業計画が必要です。KOMIYAMA & Co.グループにおいて短期、中長期と各フェーズに応じた計画策定をサポートいたします。
詳細は“事業計画作成支援”のサイトをご参照ください。

(6)監査法人対策

株式公開を目指す会社は、上場する2期前から監査法人による監査を受けなくてはなりません。またその監査の契約前の時点においても契約の可否を判断するショートレビュー(短期間の監査)が必要です。KOMIYAMA & Co.グループでは、クライアントの会計や管理の状況を調査し、問題点の抽出、改善を通じた監査法人のショートレビュー及び監査に問題の無い体制作りを支援いたします。

株式公開(IPO)について興味はあるが詳細についてよく知らないという方も、どうぞお気軽にご相談ください。当グループでは初回無料(*)で沢山の時間と労力をかけて株式公開したほうがメリットは大きいのか等、貴社の状況を伺いながらアドバイスさせて頂きます。
なお、一般的な株式公開のメリット及びデメリットについては“株式公開支援に関するNews & Topics第1回目”に記載させて頂きました。よろしければご参照ください。

(*)無料相談は、お電話ではなくすべて面談でのご相談となります。(Web形式での面談も可能です。)
ご面倒をおかけいたしますが、相談内容の確認に万全を期するため何卒ご了承ください。