国際相続

日本・海外の相続の相談・申告はKOMIYAMA & Co.グループにお任せください!
KOMIYAMA & Co.グループは、CPAAI(60ヶ国、150の海外の会計事務所をつなぐネットワーク)の日本代表として、数多くの国際相続に関する問題をCPAAIメンバーファームと共に解決しております。(CPAAIの詳細につきましてはこちらをご参照ください。)

海外資産をどうしたらいいか不安に思われている方、今後の国際相続対応にお悩みの方など、少しでも国際相続に不安や疑問がある方は、ぜひ一度当グループへご相談ください。初回無料*1にて対応させて頂きます。

国際相続が必要ではございませんか?

経済のグローバル化が進み、人やモノ、お金が簡単に国境を越える時代になりました。

これに伴い下記に該当する方は日本の相続税の申告だけではなく、海外においても相続の手続きが必要になります。 

もう対策はお済みでしょうか?

これまでの相続は、日本人が所有している国内の財産を、日本人である親族が相続することが多く、相続の問題は日本国内だけで解決されていました。

しかし、国際結婚や親の海外移住、子の海外赴任、更に海外投資の増加に伴い、相続を日本国内だけで完結させることができず、国際相続の問題に直面するケースが増加しております。

特に海外での課税関係については、その国の相続税や贈与税、富裕税などの財産課税制度や租税条約を検討する必要があります。各国の課税制度は、各々の国の相続法、家族法、財産共有制度、財政状態を反映し、国によって制度の仕組みは様々です。そのため海外の課税を検討するにあたって、現地の税制をよく知る専門家のサポートがあると心強くありませんか?

KOMIYAMA & Co.グループが日本代表を務めるCPAAIでは60ヶ国、150の海外の会計事務所が密なコミュニケーションを取りながら双方の国際相続案件に取り組んでおります。また、当グループには日本と海外の相続経験が豊富な日米の公認会計士や税理士が在籍しており、双方の問題についてワンストップでご対応いたします。

KOMIYAMA & Co.グループでは、皆様のご都合に合わせた日時で初回無料(*)の相続に関する相談会(約1時間)を行なっております。海外資産をどうしたらいいか不安に思われている方、今後の国際相続への対応方法をお知りになりたい方、まずは当グループの相談会を利用されませんか? 皆様のご連絡をお待ちしております。

(*)無料相談は、お電話ではなくすべて面談でのご相談となります。(Web形式での面談も可能です。)
ご面倒をおかけいたしますが、相談内容の確認に万全を期するため何卒ご了承ください。